ルテイン入りの目薬は存在しない! 目薬選びのポイントを教えます


目薬は、目に良い成分が入っているものを選びたいですよね。とくに目の健康を意識する人は、ルテイン入りの目薬があるのか知りたいのでは?

実は私も取材のなかで、眼科医に「ルテインの入った目薬はないのか」聞いたことがあります。

しかし、残念ながら答えは「No」。

この記事では医師が教えてくれた「ルテイン入りの目薬がない理由」をお伝えし、眼科医直伝の目薬の選び方もお伝えしますよ!

スポンサーリンク



1.ルテイン入りの目薬は存在しない!

ルテイン入りの目薬がない理由……そして今後も実用化はされないであろう根拠は、二つあります。

まずひとつめが、目薬が効果を発揮する範囲の問題。

目薬は目の表面で効果を発揮するもので、目の奥まで浸透するものではありません。

ルテインは目の奥にある網膜の黄斑部という場所に蓄積するのですが、残念ながら目薬はそんな奥深くまで浸透するものではないのです。

ルテインは現在のところ、野菜やサプリメントなどを摂ることで血中へ取り込み、黄斑部へ運んでいくしか方法はありません。

二つめが、涙のちからによる洗浄効果。

人間の目の表面には、常に7~10マイクロメートルの涙の層が張られており、まばたきの度にゴミや老廃物を洗い流しています。

ルテインにはブルーライトをカットする力があり「天然のサングラス」と呼ばれていますが、目薬として目の表面に落としてもすぐに涙で洗い流されています。

あくまでも「天然のサングラス」というのは、目の中に入ってきた光(ブルーライト)を黄斑色素が吸収をするという働きのこと。
ルテインを目薬として使っても、効果は期待できないということです。

以上の二つの理由を根拠に、ルテインを目薬として用いる意味合いはほとんどないのです。

ブルーライト対策という面では、目に届く前に……つまりブルーライトをカットする眼鏡で防ぐのが一番手っ取り早いでしょう。

スポンサーリンク


2.医師が勧める目薬は「防腐剤が入ってないもの」

ルテイン入りの目薬がないなら、どんな目薬が良いのでしょうか。
医師もなかなかメディアを通して特定の商品を勧められないので、一般人からするとどうやって目薬を選べばいいかわかりませんよね。

実は筆者も四六時中パソコンを睨んでいる生活であるため眼精疲労がひどく、眼科医への取材時におすすめの目薬を訊ねたことがあります。

そこで数名の眼科医が口を揃えて勧めたのが、「防腐剤が入っていない目薬」。

目薬はくり返し使うものなので細菌などが繁殖する恐れがあり、ほとんどの商品に防腐剤が添加されています。

その一方で、防腐剤はアレルギー反応を引き起こしたり、角膜(黒目)の感染症につながるといった問題点が指摘されているのです。

目薬を選ぶポイントは、目に良い成分が入っているかではなく、「目に悪いものが入っていないもの」というのはちょっと驚きですよね。

防腐剤が入っていない目薬で、実際に筆者が使っているのが参天製薬の「ソフトサンティア」。

ソフトサンティアは涙に近い性質を持った人工涙液で、ドライアイに効果的という商品です。ソフト・ハード問わず、コンタクトレンズを付けたまま使えます。

ソフトサンティア

涙に近い成分の目薬をわざわざ使う意味はあるの?と思う方も多いでしょうが、デスクワークや勉強などで目にダメージを与えているのは主に目の乾きなのです。

さきほど「目には常に涙の層が張られている」と解説しましたが、涙には目を保護するいくつもの力があります。
目が乾いて涙の層が減少すると、目の表面に栄養が届きにくくなったり、老廃物やゴミを洗い流す力が弱まってしまうのです。

元慶應義塾大学の佐藤直樹氏(さとう眼科クリニック院長)の研究によれば、平常時のまばたきの回数は1分間に約20回といわれているのに対し、読書時では約9回、デジタル機器の使用時には約5回にまで減少するといいます。

つまり、デスクワークなどの目の疲れに必要なのは、涙の成分に近い「潤い」というわけです。

実際、日本全国でドライアイ患者は800万人以上、潜在的には2,200万人はいるとみられており、日本眼科学会によればオフィスワーカーの3人に1人はドライアイといわれています。

多くの人の目は、涙が足りていないのです。

さて、防腐剤の入っていない目薬を実際に使ってみると、差し心地は全くの無刺激。
最初こそ刺激がないことに違和感があり、効果があるのか疑問に思ってしまいます。ただ、目の潤いはきちんと感じられるんです。

目薬はスーっとした清涼感が癖になってどんどん刺激の強いものに手を出してしまいがちですが、ソフトサンティアを使うと「清涼感で目の疲れは取れていなかったんだな」と実感します。

注意点は、防腐剤が入っていないため使用期限が10日間と決まっていること。ただ、普通に使っていればちょうど10日くらいで使い切れます。

「使用期限が決まってるなんて、コスパが悪いのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、一箱に5mlの容器が4本入ってるので、一箱買えば一ヶ月以上は保ちます。
多くの目薬は12mlくらいなので、コスパで考えれば普通の目薬より少しオトクなくらい。値段も普通の目薬と変わりません。

ちなみに、ソフトサンティアはあまりドラッグストアに売っていないので、ネット通販で買うことをおすすめします。
一箱に4つも容器が入っているため目薬としては箱が大きく、陳列で幅を取るからお店側が入荷を拒むのだとか……。


スポンサーリンク