スマホ老眼の対策はしてる? 症状と原因を徹底解説します!


一日中スマホを手放せないという人を悩ませつつある、スマホ老眼。
文字が読みにくい、視界がぼやけるといった不調を感じていたら要注意!

スマホ老眼対策でおすすめなのがアスタキサンチン。
スマホ老眼の悩みにぴったりな効果をもった天然成分で、目の悩みにきっと役立ちます。

スマホ老眼とはなんなのか、アスタキサンチンがどのように効果を発揮するのか徹底解説していきます。

スポンサーリンク



1.スマホ老眼の症状について

老眼と聞くと、近くが見えなくなって、本やスマホを必死に顔から遠ざけている姿が浮かびますよね。

ならスマホ老眼は、スマホを使っていると老眼になってしまうということ? と思うかもしれませんが、そうではありません。

スマホ老眼は、医学用語で「調節緊張」という状態。
スマートフォンの使用によって老眼と似た症状が表れるため、スマホ老眼と呼ばれています。

スマホ老眼になると、具体的に以下のような症状が表れます。

1.手元を見ていたあとに遠くを見ると、視界がかすむ
(遠くを見ていたあとに、近くを見たときに視界がかすむ場合も)

2.スマホを頻繁に使うようになってから、細かい文字などが見にくくなった

3.夕方・夜になると、ものが見にくくなる

このような症状は、目を使いすぎることでピント調節機能が落ちてしまうために表れます。

人はものを見るとき、目の水晶体という場所を伸縮させ、光の屈折を調節してピントを合わせています。

水晶体は薄く引き伸ばされた状態が標準で、意外にも人間の目はリラックスしていると遠くにピントが合うようになっているのです。
近くを見るときは目のまわりの筋肉に力を込めて水晶体を厚くしているので、目に負担がかかっているというわけです。

水晶体を伸縮させているのが毛様体筋という筋肉なのですが、毛様体筋は手元を見続けることで凝り固まってしまいます。
運動をしたあと、筋肉が張っているのを想像するとわかりやすいでしょう。
こうなると、水晶体の伸縮をうまく行えなくなってしまい、上に挙げたような症状が表れます。

手元にあるスマホを凝視し続けているため、近くにピントを合わせたまま毛様体筋が凝り固まってしまい、目線を変えようとしてもうまくピント調節ができない。

これが目のかすみや物が見にくくなる原因、スマホ老眼の正体です。

2.スマホ老眼の対策法を教えます!

鮭やイクラに含まれる赤色の天然色素であるアスタキサンチンは、毛様体筋に対して効果を発揮する成分として注目されています。

ちなみに、目に良いといわれるアントシアニン(ブルーベリー等)やルテインには毛様体筋に対する効果は確認されていません。

アスタキサンチンの効果は、人に対する臨床試験でも確認されています。

北海道大学が行った実験では、眼精疲労を自覚している成人がアスタキサンチンを摂取したところ、ピントの調節機能の改善、「目が疲れる、かすむ」「肩がこる」といった自覚症状の改善が認められています。
※アスタキサンチン6mgを経口摂取。14日以降に改善効果を確認、摂取日数が長くなるほどに効果は強まる

被験者は長時間のパソコン業務を行う成人であり、スマホ老眼に悩んでいる人たちに近い状況です。
アスタキサンチンはまさにスマホ老眼にぴったりな成分といえるでしょう。

3.「スマホ」老眼の原因って?

さて、ここからは興味のある人に向けた、少し難しい話。スマホ老眼の原因について解説していきます。

そもそもなぜ「スマホ」老眼なのか、不思議ではないでしょうか。
昔からずっとテレビを観ている人やゲームをやっている人はいましたが、テレビ老眼やゲーム老眼なんてありませんでしたよね。

スマートフォンが問題になった理由は、「画面から発せられる光の強さ」と「目と画面の距離」に原因があります。

試しに普段通りにスマートフォンを持ってみて、定規でスマートフォンと目の距離を図ってみてください。
20~30センチ程度しか離れていませんよね。
会社などでパソコン業務を行う際の注意事項を定めたガイドラインでは、画面との距離は40センチ以上確保することが望ましいとされています。
(厚生労働省「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」より)

光の強さは、光源に近いほど力を増します。
計算式でいうと「距離の2乗に反比例」するため、距離が1/2になれば、光の強さは4倍。
距離が1/3になれば、光の強さは9倍になります。
パソコンとスマートフォンから同じ強さの光が出ていると仮定すると、スマートフォンはパソコンよりも4倍の力がある光を目に届けているということになります。

また、ずっと日にあたっていれば日焼けで肌が赤くなるように、光による目へのダメージは光を浴びた時間に比例して増えていきます。
太陽と比べれば弱い光であっても、スマートフォンの光はダメージを確実に蓄積させているのです。
とくにスマートフォンはSNSやソシャゲ、動画などでずっと画面を見ているという状況になりがち。

こういった理由によって、「スマホ」老眼が増えてきているというわけです。

4.身近なことからスマホ老眼予防!

アスタキサンチンで目を癒やすことも大切ですが、そもそも目にダメージを受けないようにするのが一番。
スマホ老眼の改善・予防のポイントをご紹介します。

・ブルーライトカット商品を使おう
最近では、JINSやZoffなどで売られているPC眼鏡や、画面に直接貼ることでブルーライトをカットしてくれるるフィルムなど、様々な対策グッズが発売されています。

私もPC眼鏡を長年使っています。
正直あまり実感はありませんが、たまにPC眼鏡を外してパソコンやスマホを見るととても眩しく感じます。
長い目で見れば、効果はあるのかなという印象です。

・ずっと画面を見てないで休憩を入れよう
「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」によれば、「連続作業時間は1時間を超えないようにし、連続作業と連続作業のあいだには10~15分の作業休止時間を設ける」と定められています。

しかし、仕事中は周りの目もあってそんな休憩とれないよ! という方がほとんどですよね。
そんなときは、1分間だけ目をつむったり、一瞬だけ外の景色を見るだけでも目の負担は軽減されます。
目の筋肉が固まらないよう動かしてあげたり、休ませてあげるという意識を持ってみてください。

・目を温めるのには医学的にも根拠がある
よくホットタオルを目に当てると良いと聞きますが、実は人の目の構造から考えられた根拠があります。
40℃程度に温めたタオルなどを目に当てると、まぶたの縁にあるマイボーム腺から油が溶け出し、目を潤わせてくれるという効果があるのです。
もちろん、目の血行がよくなるという効果もあります。
あと単純に、仕事終わりにやると非常に気持ちよく、とてもリラックスできます。
「ホットタオルなんておじさんが顔拭くみたい」と思っている人がいたら、騙されたと思って一度やってみてください。

使った筋肉にはアイシングじゃないの? と思う方もがいるかもしれませんが、目を冷やすことによる効果はまだ医学的にははっきりしていないようです。


スポンサーリンク