飛蚊症にサプリが効くなんてデータはない 改善の理由は脳の慣れ?


飛蚊症の改善にサプリが効果的とするインターネットの情報……果たしてそれは何を根拠に言っているのでしょうか。

広く海外の文献をあたっても、サプリが飛蚊症を改善するというデータは見当たりません。

「なら実際にサプリを飲んで改善したという人は何なの?」と疑問に思うかもしれませんね。

これも飛蚊症についてきちんと理解していれば、自ずと答えは出てきます。

なぜサプリに飛蚊症改善効果を期待すべきではないのか。詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.飛蚊症の症状と原因を理解しよう!

目の前に虫やゴミが飛んでいるように見えるのに、実際には何もない。これが基本的な飛蚊症の症状です。

必ずしも虫が飛んでいるように見えるわけではなく、糸や薄い雲が漂っているように見えたり、人によって症状は異なります。

また、浮かんでいる物は目線を変えても消えないのが特徴。痛みや痒みを感じることはありません。

この存在しないはずの浮遊物がどうして見えるのかというと、目の硝子体という部分にできた濁りが原因です。

濁りが浮遊物に見えてしまうのは、例えるならスクリーンに映像を投写する際、あいだに障害物があると影になってしまうのと同じ理屈です。

人がものを見る仕組みを簡単に解説しましょう。

まず、光を角膜(黒目)から取り入れ、瞳孔と水晶体で光の量を調節したりピント調節をしたりして、硝子体を通して網膜に届けます。

網膜では色やかたち、明るさなどの情報を電気信号に変え、脳へ送っています。

つまり、物を見るということは、目のなかで光が伝達されるということ。

ですから、光の通り道である硝子体に濁りがあるとその部分が影となり、虫や糸が目の前に浮いているように見えてしまうというわけです。

硝子体は目の中の大部分を占めていて、透明なゼリー状の水分で満たされています。

なぜそんな部分が濁ってしまうかというと、生理的な原因と、病気や外傷が原因となる場合が挙げられます。

この記事では、生理的に発生する飛蚊症について解説していきます。
病気や外傷によって表れた飛蚊症は、すぐに病院で治療を受ける必要がありますので注意してください。

2.飛蚊症がサプリで改善するというデータはない

飛蚊症を治すということは、硝子体の濁りを消すということです。

実は現状、レーザー治療以外に方法はなく、そのレーザー治療も濁りを砕いて小さくするというもので、完全に消しされるわけではありません。

不完全なレーザー治療が唯一の選択肢ということは、「血液をさらさらにして動脈硬化を改善」といった食事療法的な解決策は望めないということです。

ネットでは、ルテインの抗酸化作用で飛蚊症が改善するという理屈を唱える人がいます。これは全くの見当はずれす。

先ほどのスクリーンの例えで言うなら、「映写機のあいだに障害物があるのに、スクリーンを直せばキレイに映る」と言っているようなものです。

確かにルテインは非常に優秀な成分ですので、当サイトでも有効性を何度も解説しています。

ブルーライトに対する防御作用や、加齢黄斑変性を予防するという効果が大規模臨床試験によって証明されています。

しかし残念ながら、ルテインが働いているのは網膜の黄斑という部分。

先ほど解説したとおり、飛蚊症は硝子体で起こっている問題です。そもそも働きかける場所が違うのです。

さらに踏み込んで解説をするなら、硝子体にも解剖学的には微量のルテインが含まれていますが、生理学的には働いていません。

これを正確に解説するのは難しいのですが、例えば車の給油口にガソリンを入れれば車を動かしますが、窓に一滴のガソリンをかけても車を動きませんね。

影響を与えるほどの量もなければ、そもそも硝子体でルテインは働いていないと考えられているのです。

スポンサーリンク


3.サプリによって飛蚊症が改善したように感じる理由

では、サプリによって飛蚊症が治ったという人には何が起こったのでしょうか。

これはおそらく、サプリを飲んでいるあいだに脳が飛蚊症に慣れたと考えられます。

人間の脳には、「写真を加工する機能」に似た力があります。「事実とは異なる見方をする」とでもいえば良いでしょうか。

例えば、目の前に探してるリモコンがあるのに気づかなかった……なんて経験は誰しもありますよね。

つまり、目では「見て」いるのに、脳で「見ていない」と処理できるのです。

これは飛蚊症にも当てはまり、脳が飛蚊症の症状を「見えていないことにしよう」と処理できるのです。

これが飛蚊症への慣れであり、基本的に病院で生理的な飛蚊症が治療されないのも、こうした脳の慣れを待つことで解決できるからです。

サプリを飲み始めてたら、多くの人は一ヶ月くらい続けてみて効果を確かめると思います。

その間に脳が飛蚊症への対応を済ませ、あたかもサプリが飛蚊症を消してくれたと勘違いをした……というわけです。

4.飛蚊症を予防したいならブルーライト対策?

そもそも飛蚊症の大半は、生理的な原因――老化とともに表れるものです。

なぜ老化によって飛蚊症になるのかというと、年を取ると硝子体のなかには空間ができて、空間の縁に線維が溜まっていきます。この部分が濁りとなるのです。

さらに老化が進むと硝子体は萎んでいき、目の内壁から離れて隙間が生まれます。

これを後部硝子体剥離といい、離れた硝子体が影となって、飛蚊症として表れます。

ただ、以前までは高齢者を中心に表れていた飛蚊症は、若者のあいだで増加しています。

この原因として、パソコンやスマホなどから発せられる強い光(ブルーライト)の影響が示唆されています。

ブルーライトは強い力を持つことため、目の奥(網膜)にまで届いてダメージを与え、活性酸素を発生させます。

活性酸素は体内をサビつかせて、老化の原因となるといわれています。

つまり、飛蚊症を予防したい、悪化させたくないのであれば、ブルーライトを浴びないよう努めるのが最善策かもしれません。

「JINS PC」は、疲れと戦うメガネ「JINS SCREEN」へ

5.まとめ

飛蚊症に対するサプリの効果は、おそらく今後もあまり研究されないでしょう。

なぜなら、基本的に生理的に発生する飛蚊症は無害で、治療の必要がないとされているからです。

ただ、「飛蚊症はかなりのレベルの心理的苦痛を示し、症状の重症度は心理的苦痛と関連している」とするデータもあり、サプリメントを扱う会社が研究を行う可能性はあるかもしれません。

そうしたとき、改めて飛蚊症に効くサプリメントがあるかどうか証明されるでしょう。


スポンサーリンク